遺贈と相続とは何が同じでどこがちがう

遺贈とは、遺言で相続人以外の第三者に相続財産の一部または全部を贈与すること遺言によってのみできる。遺贈を受ける者(←受遺者という)ただし、相続人の遺留分を侵害する遺贈はできません。種類:特定遺贈 民法964特定遺贈とは特定の具体的な財産の遺贈をいう。(例:不動産を何パーセントなど)一定の金銭、債務免除等の具体的な財産的利益の遺贈を遺言に記載する必要があります。例:動産の遺贈絵画・書画・貴金属・貴金属・骨董品など・・・・物品の特徴を記載して、どの物品が遺贈の目的物なのかを明らかにする必要があります。

■メリット:借金を引き継ぐリスクがない
■デメリット:遺産の財産構成変化に対応ができない

★受遺者に欠格事由がある場合、遺贈するとの遺言があっても、受遺者となる資格を失います(965条・891条)。一  故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位に在る者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者二  被相続人の殺害されたことを知つて、これを告発せず、又は告訴しなかつた者。但し、その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であつたときは、この限りでない。三  詐欺又は強迫によつて、被相続人が相続に関する遺言をし、これを取り消し、又はこれを変更することを妨げた者四  詐欺又は強迫によつて、被相続人に相続に関する遺言をさせ、これを取り消させ、又はこれを変更させた者五  相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

相続の手続を横浜で任せたいならここへ連絡を
横浜に存在する日本最大級の実績を穂kる相続の手続のスペシャリストたちです。
www.souzoku-shien.net/

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む