遺言の保管の決まりを覚えるとよい

遺言書は遺言者の死後に見つけやすくてしかし、生前においてはわかりにくい保管場所においておきましょう。家のどこかにおいて忘れていた・・というのではこまってしまいますので弁護士、銀行の貸金庫などがいいでしょう。

信託銀行では遺言に関するサービス制度があります。有料ではありますが、以下のように遺言の作成に関するコンサルティング作成した遺言書を保管遺言の執行などを提供しています。遺言信託とは、信託銀行が遺言書の作成・保管から、遺言の相談・執行までの相続に関する総合的な管理を行なってくれます。メリットは、遺言信託においては信託銀行が、遺言執行者となるため、個人に遺言執行を依頼するのに比べ、安心かつトラブルなく相続が実行できることでしょう。ただし、遺言信託で行なっている業務は、遺産に関することに限られています。トラブル発生の可能性が高い遺言も、遺言信託を利用できないことがあります。現在、信託銀行が行なっている遺言信託の業務は、
1.相続全般の相談遺産をどのように処理したいのかや、遺言書を作成するにあたっての事前相談。また、相続した遺産の運用、法律への対処などについても、税理士や弁護士のアドバイスが可能。

2.遺言書の作成と保管遺産の内訳や遺言の内容を確認して、法的に拘束力のある”公正証書遺言書”を作成します。遺言書の保管については、原本は公証役場にあり、正本は信託銀行で保管されます。

3.遺産、相続についての定期的な照会相続人や遺産の状況、遺言の内容の変更がないか、定期的に信託銀行から照会します。変更、手続き漏れを防ぐことができます。

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む