カテゴリー: 遺贈という単語の意味を知る

遺贈と相続とは何が同じでどこがちがう

遺言によってのみできる。遺贈を受ける者(受遺者という)ただし、相続人の遺留分を侵害する遺贈はできませんよ

遺贈とは、遺言で相続人以外の第三者に相続財産の一部または全部を贈与すること遺言によってのみできる。遺贈を受ける者(←受遺者という)ただし、相続人の遺留分を侵害する遺贈はできません。
“遺贈と相続とは何が同じでどこがちがう”の詳細は »

相続の遺贈とはなんのことでしょうか

遺贈とは、遺言で相続人以外の第三者に相続財産の一部または全部を贈与すること 。

遺贈とは、遺言で相続人以外の第三者に相続財産の一部または全部を贈与すること遺言によってのみできる。

遺贈を受ける者(←受遺者という)ただし、相続人の遺留分を侵害する遺贈はできません。
“相続の遺贈とはなんのことでしょうか”の詳細は »

遺言の保管の決まりを覚えるとよい

遺言信託とは、信託銀行が遺言書の作成・保管から、遺言の相談・執行までの相続に関する総合的な管理を行なってくれます。

遺言書は遺言者の死後に見つけやすくてしかし、生前においてはわかりにくい保管場所においておきましょう。家のどこかにおいて忘れていた・・というのではこまってしまいますので弁護士、銀行の貸金庫などがいいでしょう。
“遺言の保管の決まりを覚えるとよい”の詳細は »