タグ: 配偶者

借金も相続するものの一つなのです

財産は相続したいが借金は相続しないということができるのでしょうか?

配偶者や親などから財産を相続した場合、通常は故人の借金などの債務もいっしょについてくることとなります。
では、財産は相続したいが借金は相続しないということができるのでしょうか?
税法上では、こうした故人の残した借金やかかった葬式の費用などを、「債務控除」として所得した財産から控除することができます。
相続税法第13条「債務控除」では、次のように定められています。
“借金も相続するものの一つなのです”の詳細は »