相続手続きをする際に注意したい有効期限

印鑑証明書は有効期限があり、通常は3ヶ月で期限が切れてしまうと言われていますよね。

しかし、遺産分割協議による相続登記の申請をする際には、相続人が実印で押印した遺産分割協議書と印鑑証明書を添付しますが、この印鑑証明書には発行後何ヶ月以内というような有効期限はありません。
しかし、銀行や有価証券など、不動産の相続登記以外の遺産相続手続きに使用する印鑑証明書は、発行後3ケ月や6ケ月以内など有効期限が定められていることが多いのです。

ちなみに、不動産登記手続きにおいては、印鑑証明書だけでなく、戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本などについても有効期限の定めはありませんが、その他の遺産相続においては、手続きを行う金融機関等の規定により有効期限が決まっていることもあります。

だから、相続手続きを進める中で、不動産の相続登記もあって、なおかつ銀行解約手続きもある場合は、先に銀行解約手続きをした方が、印鑑証明書を追加で取得しなくても済むかもしれませんね。

«
 

トラックバックURL