亡くなった方の預貯金はどうなっちゃうの?

亡くなった方の預貯金は、通常、凍結されます。
凍結されると、引き出すことも入金することのできなくなります。
ですので、電気代や電話代などを亡くなられた方の口座振替にしている場合などは困りますよね。
では、銀行はどうやってその方が亡くなったと知るのでしょうか?
役所に死亡届を出したら、各金融機関に連絡がいく!わけではありません。
通常は、家族からの申し出や、新聞の訃報欄などによって知ることになるわけです。
ですので、中には、死亡した事実を金融機関が知ることなく、凍結されないままの口座も沢山あります。

では、なぜ預金は凍結されるのでしょうか?
亡くなった方の預貯金は、お亡くなりになった時点から、相続財産となります。
ですので、一部の相続人が勝手に預金を引き出すとこは、他の相続人の権利が侵害されるのを防ぐことが理由です。
銀行も、円満な相続をして欲しいですもんね。

では、凍結を解除するにはどうしたらよいのでしょうか?
「誰が相続するか」もしくは「誰が一旦代表して受け取るか」が決まれば解除することができます。

手続きに必要な主な書類は
・被相続人の、生まれてからお亡くなりになるまでの戸籍謄本(除籍・改正原戸籍)
・相続人全員の戸籍謄本
・相続人全員の印鑑証明書
・相続人全員の実印が押印された銀行所定の用紙(相続届)などです。

横浜駅から4分の相続の手続サポーター
手続きに必要な書類は、相続させる各金融機関により異なりますので、必ずご確認ください。
www.souzoku-shien.net/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む