相続する人はだれだということが始めの一歩だ

相続について様々な用語が出てきますね。その意味を把握しておくことで、円滑な手続きを試みることができます。相続・・・・・被相続人にかかる権利を相続人に引き継がせることです。

被相続・・・・相続される側、亡くなった人のこと。相続人とは亡くなった人の財産を引き継ぐ人のことです。相続は人が死亡することによって開始し、一般的にいえば戸籍に記載された死亡の日が相続開始の日となります。死亡とは自然死亡、失踪宣告に分かれており失踪のなかにも普通失踪と危難失踪があります。

自然死亡は・・・・人が実際に死亡したことの意味です。失踪宣告とは・・・・利害関係人の請求によって家庭裁判所が宣告をし、宣言後に失踪者が生存していた場合は取り消しとされます。普通失踪とは、不在の人の生死が7年以上明らかでないこと、7年間の期間が満了すると死亡したものとみなされます。

危難失踪とは、戦地や沈没した船舶あんどその他の死亡の原因となる危機に遭遇した者の生死が1年以上明らかではないことを指します。この場合は危難が終了したときに死亡とみなされます。

相続人には順位があり、順序の通り後の順番のものは先に優先順位の相続者がいる場合は、相続人になることができないのです。

 

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む