カテゴリー: 相続手続きに関する豆知識

相続手続きをする際に注意したい有効期限

相続登記で遺産分割協議書に添付する印鑑証明書には有効期限はありません

印鑑証明書は有効期限があり、通常は3ヶ月で期限が切れてしまうと言われていますよね。
“相続手続きをする際に注意したい有効期限”の詳細は »

亡くなった方の預貯金はどうなっちゃうの?

亡くなった方の預貯金は、お亡くなりになった時点から、相続財産となり、通常、口座が凍結されます。

亡くなった方の預貯金は、通常、凍結されます。
凍結されると、引き出すことも入金することのできなくなります。
“亡くなった方の預貯金はどうなっちゃうの?”の詳細は »

相続の財産分離 という決まりごとの中身

相続財産と相続人の財産が混同しないように分離、管理、清算する手続のことを財産分離といいます。

・・・・相続財産と相続人の財産が混同しないように分離、管理、清算する手続のことを財産分離といいます。以下の2種類が存在しています。

★第一種財産分離(941条以下)・・・相続債権者または受遺者の請求による
“相続の財産分離 という決まりごとの中身”の詳細は »

借金も相続するものの一つなのです

財産は相続したいが借金は相続しないということができるのでしょうか?

配偶者や親などから財産を相続した場合、通常は故人の借金などの債務もいっしょについてくることとなります。
では、財産は相続したいが借金は相続しないということができるのでしょうか?
税法上では、こうした故人の残した借金やかかった葬式の費用などを、「債務控除」として所得した財産から控除することができます。
相続税法第13条「債務控除」では、次のように定められています。
“借金も相続するものの一つなのです”の詳細は »

相続の遺産分割方法とその法律の根拠

どの財産を誰に、どのような方法で分割するのかを具体的に記載した書面が、"遺産分割協議書"になります。

生命保険金、死亡退職金も相続財産になります。

しかし死亡保障金はみなし相続財産となります。
相続税とは被相続人が死亡時に現に所有していた財産に対して
課税されるものです。
“相続の遺産分割方法とその法律の根拠”の詳細は »

相続税はどんなものにかかるのか?

相続税の対象になるものですが、ほとんどの資産が対象だと思ったほうがいいでしょう。

相続税は高いというイメージがあるものの、実際に相続税を払っているのは、被相続人(亡くなられた方)の数に比べて約4.2%にしか過ぎません。では、どんな財産に相続税がかかり、どんな財産は相続税の対象とならないのかについて詳しく見てみましょう。
まず、相続税の対象になるものですが、ほとんどの資産が対象だと思ったほうがいいでしょう。現金をはじめとし、預金(銀行)や貯金(郵便局)、土地・建物だけでなく借地権も相続税の対象となります。他には、有価証券から宝石、自動車、骨董、絵画などもあります。また、特許権や初作件、実用新案権、商標権などの「無体財産」も対象です。
“相続税はどんなものにかかるのか?”の詳細は »

相続する人はだれだということが始めの一歩だ

被相続人の配偶者は順位にかかわらず、常に相続人となりますよ

相続について様々な用語が出てきますね。その意味を把握しておくことで、円滑な手続きを試みることができます。相続・・・・・被相続人にかかる権利を相続人に引き継がせることです。
“相続する人はだれだということが始めの一歩だ”の詳細は »