相続の遺産分割方法とその法律の根拠

どの財産を誰に、どのような方法で分割するのかを具体的に記載した書面が、"遺産分割協議書"になります。

生命保険金、死亡退職金も相続財産になります。

しかし死亡保障金はみなし相続財産となります。
相続税とは被相続人が死亡時に現に所有していた財産に対して
課税されるものです。
“相続の遺産分割方法とその法律の根拠”の詳細は »

相続税はどんなものにかかるのか?

相続税の対象になるものですが、ほとんどの資産が対象だと思ったほうがいいでしょう。

相続税は高いというイメージがあるものの、実際に相続税を払っているのは、被相続人(亡くなられた方)の数に比べて約4.2%にしか過ぎません。では、どんな財産に相続税がかかり、どんな財産は相続税の対象とならないのかについて詳しく見てみましょう。
まず、相続税の対象になるものですが、ほとんどの資産が対象だと思ったほうがいいでしょう。現金をはじめとし、預金(銀行)や貯金(郵便局)、土地・建物だけでなく借地権も相続税の対象となります。他には、有価証券から宝石、自動車、骨董、絵画などもあります。また、特許権や初作件、実用新案権、商標権などの「無体財産」も対象です。
“相続税はどんなものにかかるのか?”の詳細は »

相続する人はだれだということが始めの一歩だ

被相続人の配偶者は順位にかかわらず、常に相続人となりますよ

相続について様々な用語が出てきますね。その意味を把握しておくことで、円滑な手続きを試みることができます。相続・・・・・被相続人にかかる権利を相続人に引き継がせることです。
“相続する人はだれだということが始めの一歩だ”の詳細は »

最新の記事 »