相続手続きをする際に注意したい有効期限

相続登記で遺産分割協議書に添付する印鑑証明書には有効期限はありません

印鑑証明書は有効期限があり、通常は3ヶ月で期限が切れてしまうと言われていますよね。
“相続手続きをする際に注意したい有効期限”の詳細は »

亡くなった方の預貯金はどうなっちゃうの?

亡くなった方の預貯金は、お亡くなりになった時点から、相続財産となり、通常、口座が凍結されます。

亡くなった方の預貯金は、通常、凍結されます。
凍結されると、引き出すことも入金することのできなくなります。
“亡くなった方の預貯金はどうなっちゃうの?”の詳細は »

遺贈と相続とは何が同じでどこがちがう

遺言によってのみできる。遺贈を受ける者(受遺者という)ただし、相続人の遺留分を侵害する遺贈はできませんよ

遺贈とは、遺言で相続人以外の第三者に相続財産の一部または全部を贈与すること遺言によってのみできる。遺贈を受ける者(←受遺者という)ただし、相続人の遺留分を侵害する遺贈はできません。
“遺贈と相続とは何が同じでどこがちがう”の詳細は »

あらゆるシーンで遺言を書いて相続につなげる

相続のためにワープロで作成したり、日付を年月日が特定できるように記入(例えば「平成xx年x月吉日」は不可)した場合には無効な遺言書となってしまうので注意が必要ですというような決まりがあります。

自筆証書遺言(じひつしょうしょ)・・・・遺言者が自分で作成し、遺言の全文・日付を自書し、署名、捺印をする遺言書。

ワープロで作成したり、日付を年月日が特定できるように記入(例えば「平成xx年x月吉日」は不可)した場合には無効な遺言書となってしまうので注意が必要ですというような決まりがあります。
“あらゆるシーンで遺言を書いて相続につなげる”の詳細は »

相続の財産分離 という決まりごとの中身

相続財産と相続人の財産が混同しないように分離、管理、清算する手続のことを財産分離といいます。

・・・・相続財産と相続人の財産が混同しないように分離、管理、清算する手続のことを財産分離といいます。以下の2種類が存在しています。

★第一種財産分離(941条以下)・・・相続債権者または受遺者の請求による
“相続の財産分離 という決まりごとの中身”の詳細は »

相続税って本当にやっかいなの?

実は相続税がかかるのは、全体の4.1%ほどで中には相続税がかかる人の割合はかからない人よりぐっと低いことがわかります。

本当にやっかいなのは・・・・「相続税対策」といっても本当にやっかいなのか?こんな疑問が浮かんだ人もいるのではないでしょうか。

もっとも税金は節約できるにこしたことはありません。
“相続税って本当にやっかいなの?”の詳細は »

相続の遺贈とはなんのことでしょうか

遺贈とは、遺言で相続人以外の第三者に相続財産の一部または全部を贈与すること 。

遺贈とは、遺言で相続人以外の第三者に相続財産の一部または全部を贈与すること遺言によってのみできる。

遺贈を受ける者(←受遺者という)ただし、相続人の遺留分を侵害する遺贈はできません。
“相続の遺贈とはなんのことでしょうか”の詳細は »

遺言の保管の決まりを覚えるとよい

遺言信託とは、信託銀行が遺言書の作成・保管から、遺言の相談・執行までの相続に関する総合的な管理を行なってくれます。

遺言書は遺言者の死後に見つけやすくてしかし、生前においてはわかりにくい保管場所においておきましょう。家のどこかにおいて忘れていた・・というのではこまってしまいますので弁護士、銀行の貸金庫などがいいでしょう。
“遺言の保管の決まりを覚えるとよい”の詳細は »

相続した財産の売却をするときの税金

相続後の課税により手元に財産が残らないということもあるかと思います。その際の節税方法も学んでおくといいでしょう。

●不動産の売却
土地や建物などの不動産を相続しても相続税に充てる

現金がなかった場合はその土地や建物を相続税の
支払いのために売却することがあります。
“相続した財産の売却をするときの税金”の詳細は »

借金も相続するものの一つなのです

財産は相続したいが借金は相続しないということができるのでしょうか?

配偶者や親などから財産を相続した場合、通常は故人の借金などの債務もいっしょについてくることとなります。
では、財産は相続したいが借金は相続しないということができるのでしょうか?
税法上では、こうした故人の残した借金やかかった葬式の費用などを、「債務控除」として所得した財産から控除することができます。
相続税法第13条「債務控除」では、次のように定められています。
“借金も相続するものの一つなのです”の詳細は »

« 過去の記事